COMPANY

  • 株式会社アーバンコンパス
  • 東京都知事(1)第96838号
  • 東京都中央区銀座3-4-5 4F
  • TEL:03-6811-5655
  • FAX:03-6800-1407
  • Toggle

    コラム

    更新料について考えよう

    更新料について考えよう

    東京では、持家に住む人と賃貸住宅に住む人の割合がほぼ半分ずつだと言われています。 viagranorx-canadianpharma.com 総務省統計局の調査では、平成22年の時点で都内に住む人の持ち家率は46.6%だそう。 東京に住む人の約半数は持家に住んでいる、私が想像していたよりも高い数字でした。 恐らく、23区内に絞るともう少し持ち家率は下がると思います。 かくいう私も賃貸マンションに住んでいるのですが、 sildenafil 20 mg price 先日帰宅した際に、自宅ポストに『更新のご案内』が投函されていました。 それを思い出し、本日は賃貸住宅における【更新料】について考えてみようと思います。

    1、更新料は誰に払っているの?

    都内の賃貸住宅に住んでいる方であれば馴染みがあるであろう『更新料』 herb viagra pills 通常、賃貸住宅は数年毎に更新を迎え、更新する際には更新料を請求される場合が多いです。 この更新料は誰に対して払っているかというと、もちろんオーナーさんです。 そしてその更新料の中のうちの数万円~家賃の半月分程度を、 物件の管理会社が事務手数料としてオーナーさんからもらう場合が殆どです。 ですので、オーナーさんの実質的な利益は家賃の半月分程度という事になります。 少し語弊があるかもしれませんが、更新の際に最も美味しい思いをするのは、 実はオーナーさんではなく、そのお部屋の管理会社なのです。 入居者は更新料を支払い、オーナーさんは事務手数料を支払いますが、 管理会社は書類手続きだけで家賃の半月分ものお金が入るのですから。

    2、更新料の支払いは法的に義務付けられているの?

    都内住宅の賃貸借契約では、ほとんどの場合契約書に更新料についての記載があります。 更新料の相場としては賃料の0.5ヶ月分~高くて1.5ヶ月分、 更新料が賃料の2ヶ月分以上のものはあまり見たことがありません。 ここ数年、裁判になったりと更新料について消費者の意識も変わってきており、 更新料無料を謳う物件もちらほら見かけるようになりましたが、 それでも現時点では依然として賃貸借契約から更新料がなくなる気配はありません。 なお、皆様もご存じかとは思いますが、 この『更新料』は法的に支払う事を義務付けられているものではありません。 更新料はあくまでも昔からの習慣として現在も不動産業界に残っている慣例のようなものであり、 法律で支払いを義務付けられているものではないのです。 しかし、『昔からの習慣だしもらえるものはもらっておこう』というオーナーさんの心理と、 物件の管理会社も書類の手続きのみで家賃の半月分もの手数料を取れるため、 あたかも更新料は支払うことが当然かのうような認識で、何十年もの間存在し続けているのです。

    cialis vs viagra dosage

    3、法的義務がなければ支払わなくて良いの?

    では、法的な支払義務がないのであれば、更新料は支払わなくても良いのでしょうか? 残念ながら、ほとんどの場合は賃貸借契約書の中に、 更新料の記載と更新時は更新料を支払うという旨の条文が織り込まれています。 その旨の文章があり、かつ契約書に借主の署名・捺印があるという事は、 更新料とその支払いに納得して契約をしたという事になってしまいます。 ですから、契約書に記載がある場合は基本的に更新料を支払わなければなりません。 それなら、契約の前に更新料の支払いを無くしてもらうようオーナーに交渉すればよい、 そう思う方も多いと思います。 しかし、更新料はオーナーさんと管理会社にとって重要な収入源ですから、 現状では交渉によって更新料の支払いを無くしてくれるオーナーさんは殆どいません。 また、オーナーさんの窓口になっている物件の管理会社もオーナーさんへ交渉をしたがらず、 オーナーさんに交渉を持っていくまでもなく、『更新料は無くせない』という返答をします。 逆に、借主が契約前に『更新料は絶対に支払わない』と強く出てしまうと、 sildenafil what dose せっかく気に入った物件なのに『じゃあ他の物件を探してください』と言われてしまいます。 つまり、現状では多くの物件において、借主側が更新料の支払いを認めなければ、 その物件に入居する事が難しい状況ができあがっているのです。

    4、更新事務手数料って?

    賃貸借契約更新の際、更新料と合わせて更新事務手数料を請求されるケースがあります。 この更新事務手数料は全て管理会社に支払う手数料であり、 更新事務手数料の相場は数千円~家賃の半月分になるものまであります。 しかし、一般的に更新手続きはオーナーさんから管理会社にお願いしているものであり、 管理会社は更新手続きを業務の一部としてオーナーさんから事務手数料をもらっているため、 入居者である賃借人から事務手数料を取るという行為には疑問しか浮かびません。 管理会社が事務手数料を取る主な理由としては、 ・オーナーさんとの管理契約上、更新料はオーナーさんがすべて(多めに)取る契約になっている ・オーナーさんから手数料をもらっているが、取れるものなら入居者からも取ろうとしている という感じでしょうか。 どちらにしても借主からするとたまったものではありませんね。 しかし、この更新事務手数料についても契約書内にその記載があり借主の署名・捺印がある場合は、 それを納得した上で契約した事になってしまうため、 canadian online rx pharmacy 更新時に無くしてもらう事が原則として難しい状況になっています。 更新料・更新事務手数料どちらにしても、 賃貸市場における、オーナーさんと管理会社>入居者というパワーバランスの傾きによって、 このような状況が続いていると言って良いでしょう。

    5、将来的に更新料はなくなるの?

    4 pfizer viagra (sildenafil) 25mg tablets 更新料がいつまで存在するかについては、はっきりとした事は分かりません。 しかし、私の考えとしては法律で禁止しない限り、 更新料を完全に無くすことは難しい(もしくは多大な時間がかかる)と思っています。 viagra coupons なお、更新料には、借主の入居中に増額できない家賃の不足分回収など、 buy generic cialis europe 【賃料等の補充】という意味を持っているという解釈もあります。 ですので、もし更新料がなくなってしまった場合は、 更新料分の金額(例えば更新料を24ヶ月分で割った額)が月額賃料に上乗せされる事になり、 家賃自体は多少上がることになると思います。 それでも、現状の更新料制度よりは、そちらのほうが断然公平性はあるものと思っています。

    長くなりましたが、以上で更新料についての内容は終了です。 皆様は更新料についてどのように考えますか? viagra virkning 上記を参考に、これからお部屋を探す方は更新料について考えてみるのも良いかもしれません。 north canadian pharmacy 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

    URL
    TBURL

    COMMENT ON FACEBOOK

    Return Top